ゴルフ肘|大垣市 口コミで評判の大垣整骨院・整体院

ゴルフ肘

  • HOME »
  • ゴルフ肘

このようなお悩みはありませんか?

・スイングをすると肘の内側が痛い

・握りこぶしをすると肘が痛む

・手や手首が弱くなったような感覚がある

・薬指や小指にしびれを感じる

ゴルフ肘とは|岐阜県大垣市 ボディメンテナンス大垣整骨院・整体院

ゴルフ肘(ゴルフエルボー)とは、ゴルフを続けている事で感じる肘の痛みの事を言います。また、正式名称では上腕骨内側上顆炎といいゴルフを続けることにより肘の内側などに痛みが出てしまうものです。

損傷している箇所は骨ではなく、上腕骨の内側上顆という骨の一部に付着する筋肉の腱の部分を損傷しているのです。

ゴルフ肘のときに負傷していると考えられる筋肉は下記の5つ

・長掌筋

・円回内筋

・橈側手根屈筋

・浅指屈筋

・尺側手根屈筋

などが挙げられます。

上記の筋肉は手首を手のひら側に曲げる際や、前腕を小指側に回す際に使う筋肉ですので、そのような動きをすると痛みが強くなります。

ゴルフの動きでいうと、スイングを行い、インパクトした際に痛みが出る事が多いです。

また、他にも症状がひどい人ではゴルフクラブを持ち上げただけでも痛みが出る方もおられます。さらに症状が強くなると何か物を持つだけでも痛みが出てしまい、日常生活にも支障をきたしてしまします。

ゴルフ肘が起こる原因|岐阜県大垣市 ボディメンテナンス大垣整骨院・整体院

ゴルフ肘の発症の根本的な原因は、手首や指を反復的に曲げたり握ったりする動作による肘の内側の炎症です。この現象は、主にスポーツ活動や作業に関連しており、以下がその主な要因となります。

①ゴルフやテニスなどのスポーツにおける繰り返しの運動。

➙スイングやフォアハンドのような動作が、肘に反復的な負担をかけ、炎症を引き起こします。

②肉体労働が多く重い物を頻繁に運ぶ運動

➙重い荷物を日常的に運ぶ作業者も、肘に反復的な負担をかけ、炎症を引き起こしやすいです。また、物を引っ張る作業も、手首や肘にストレスをかけ、痛みの原因となります。

③年齢による筋肉の柔軟性の低下

➙加齢とともに筋肉や腱が硬くなり、繰り返しの運動に対する耐性が低下します。その結果、肘への負担が増し、炎症が生じやすくなります。

ゴルフ肘は上記のような要因が複合的に作用することで発症し、日常生活やスポーツ活動に支障をきたすことがあります。この痛みや不快感を軽減するためには、適切な治療やリハビリテーションが必要です。また、予防の観点から、姿勢の改善や体の柔軟性を維持するためのトレーニングや、整骨院に通うなどの定期的なメンテナンスが重要です。

ゴルフ肘と骨盤の関連性|岐阜県大垣市 ボディメンテナンス大垣整骨院・整体院

一見肘と骨盤はあまり関係が内容に見えますが、肘や手首の動きは、肩関節や肩甲骨の動きも関係します。骨盤が歪んでしまうと、背骨が歪んでしまい肩甲骨と肩関節、身体全体のバランスが崩れ、無理な力が腕に入る事で肘周辺に緊張が生まれ、ゴルフ肘を発生させる要因になってしまいます。

ゴルフ肘への治療方法例|岐阜県大垣市 ボディメンテナンス大垣整骨院・整体院

岐阜県大垣市のボディメンテナンス大垣整骨院・整体院では腕や肩関節周辺の筋緊張を取り除くための手技療法やストレッチを行い、鎮痛のためのハイボルテージ治療や鍼治療も有効です。骨盤のゆがみや筋力低下などから姿勢が悪くなると、肩甲骨と肩関節の連動性が悪くなってしまうので、骨盤矯正と、EMSによるインナートレーニングも効果的です。岐阜県大垣市でゴルフ肘の症状でお困りの方は、ぜひ三塚町丹瀬にありますボディメンテナンス大垣整骨院・整体院へお越しください。お待ちしております。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.